ツッコミやすかったおすすめ映画

「透明人間(2020)」・パワーで薙ぎ払う透明人間だよ!ツッコミレビュー

ミステリー,5~7点,ホラー,サスペンス2020

透明人間
https://eiga.com/movie/92766/

日本公開日: 2020年7月10日
監督: リー・ワネル

すこ度(評価)

5/10

-説得力があまりなくてパワーですすめる映画-

スポンサーリンク

あらすじ

「ソウ」シリーズの脚本家リー・ワネルが監督・脚本を手がけ、透明人間の恐怖をサスペンスフルに描いたサイコスリラー。富豪の天才科学者エイドリアンに束縛される生活を送るセシリアは、ある夜、計画的に脱出を図る。悲しみに暮れるエイドリアンは手首を切って自殺し、莫大な財産の一部を彼女に残す。しかし、セシリアは彼の死を疑っていた。やがて彼女の周囲で不可解な出来事が次々と起こり、命まで脅かされるように。見えない何かに襲われていることを証明しようとするセシリアだったが……。主演は、テレビドラマ「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」のエリザベス・モス。

https://eiga.com/movie/92766/

ネタバレなしレビュー

透明人間

透明人間とはパワー!!!!

そんな感じ。
ホラーというよりスリラー的な映画でした。
透明人間という題材は正直使い古されたものですが、現代の演出によっておしゃれに生まれ変わる…
と思いきやまさかの脳筋解釈でした。

触れ込みとかPVとか見るとホラーテイストになっており「ゲット・アウト」とかの制作会社だよ!と期待値が上がっていくわけですがたしかに近年よくみる、ちょっとシュールな部分もあるけど素朴に怖がらせてくるような映画ではあります。
ただ、あまりにも透明人間が強すぎる。
アベンジャーズに出てました?ってレベルにフィジカルで敵を薙ぎ払っていきます。

今回の透明人間もご多分に漏れず人間。個人的に透明人間の映画といえば2000年あたりの「インビジブル」という映画で、メインの透明人間がまあなかなかのクズで人間の汚らしいところを見せつけながら襲われるドキドキ感があって面白かったんですが、今作は透明人間になるキャラの掘り下げがあまりなくてイマイチ入り込めませんでした。

もちろん序盤にこいつやばいんじゃね?と言った雰囲気はまとっているのですが、それ以降はキャラクターがこんな人だったという伝聞でしか異常性が伝わらなかったのでなんとも言えない。
しかもとにかくパワーこそパワーだ!!!みたいなノリでくるのでちょっと前のホラーとヒーロ要素を混ぜた「ブライトバーン」みたいになんかわからない映画という評価になってしまいました。

ミステリー要素もあったものの中途半端な結末だったりで考えながら見る映画でもなさそうなので、勢いで楽しめるなら面白い映画だと思います。
しかし「ゲット・アウト」や「アス」並みのクオリティを求めると落胆するので軽い気持ちで見ましょう。

合言葉は「パワー!!!」

ネタバレありストーリー&ツッコミ

主要人物

キャストこんな人
エリザベス・モス – セシリア・カス主人公
オリヴァー・ジャクソン=コーエン – エイドリアン・グリフィン透明人間になる科学者・主人公の彼氏
オルディス・ホッジ – ジェームズ・レイニア友人の警官
マイケル・ドーマン – トム・グリフィンエイドリアンの弟・弁護士
ハリエット・ダイアー – エミリー・カス主人公の妹

大まかなストーリー

セシリア逃亡

透明人間

セシリアはエイドリアンの家で暮らしているようですが逃亡したがっているのだ!
エイドリアンは科学者でかなりの金持ちなのにいろいろ問題があるよう。
なんやかんやで妹のエミリーの助けを借りて脱出し、友人のジェームズの家に居候します。
このときエイドリアンが追ってきて車の窓をパンチでぶち破ります!
なんじゃそのパワーキャラは…

ジェームズには娘がいて二人暮らし。エイドリアンから隠れつつもフリーダムを楽しむセシリア。
どうやらエイドリアンは支配したがる性格のようで暴力もふるっていたよう…。
あるときエイドリアンが死亡したというニュースを妹から伝えられ、エイドリアンの弟の弁護士トムから財産分与についての話が舞ってきます。

うはうはな金額を貰えるものの犯罪を犯したりすると権利が剥奪されるので気をつけなければ…。

透明人間現る!!

透明人間

幸福に包まれるセシリアでしたが、家の中でシーツをなにかに引っ張られたり明らかに人の気配があったりで戦々恐々。
透明というシチュにありがちなセクシーシーン来るか!!と思って正座したもののそういったシーンはありませんでした。悲しい。

このあたりの演出はリアルでも恐怖を感じたときに何もいない空間が気になって仕方ないという印象を抱かせるような画面の作り方で、意味ありげなカットが多くなかなか主人公に感情移入できました。
色々あってセシリアがペンキをぶっかけてそれが想像上のものではなく存在していると証明されたわけですが、他の人にはやっぱり信じてもらえず孤立していきます。

透明人間と言っても光学迷彩的なスーツを着ているようで顔がないんですよね、本体がエイドリアンといえなかなか得体のしれない雰囲気が出てて良し。
で、セシリアにバレてから透明人間がクッソ派手に動き出します

透明人間って粘着質ね!!!!!!

透明人間

そこから透明人間がセシリアを普通に襲います。
もうブンブン振り回したりふっ飛ばしたり、日頃どんなトレーニングしてんだってレベルですがセシリアも負けじと応戦。
とりあえず退けたもののまだ狙われてるようで、ジェームズに相談しても「病んでるからやん!」弁護士トムに相談しても「病んでるからやん!あいつの死体見たし!」。
はては妹に相談しようとするも透明人間の策略で勝手にメールを送られて嫌われてしまいます。
PCのパスワードしっかりしとけやとね…。
居候先のジェームズの娘を殴ったと罪をなすりつけられたり散々な目に。

透明人間

証拠を得るためエイドリアンの家に行くと透明人間スーツを発見!これで信じて貰えそう。
何故か妹に伝えようとし食事の場を設けますが、透明人間が目の前でナイフ取って妹の首切って殺害
ナイフを手に握らされて殺害の罪を被せられるわけですが、透明人間器用すぎんか
あまりにもスムーズなナイフの握らせ方で俺でなきゃ見逃しちゃうね…

透明人間の真髄はパワー!!! そしてEDへ

透明人間

結局精神病院にぶち込まれるセシリア。
トムが面会に来ますがどうやら兄が生きていることを知っており、兄からの指示で解放及と引き換えに兄のもとに戻ることを交渉してきます。犯罪したから遺産もあげないンゴね〰っと抜かすトム。

ブチギレたセシリアは透明人間に逆襲することに。
ペンぶっさしてスーツを故障させることに成功させ、周りにいたガードマンたちも何かがいると認識し始めます。
そこから透明人間の真の見せ場であるパワーで全てを薙ぎ払う戦闘シーンが始まります

姿が見えないといえ10人ぐらいの拳銃を持った相手にパワーで制圧。
パンチの威力が凄まじく、お前透明じゃなくても十分強いやんけ!!と言ってしまうぐらいパワーofパワー。
とにかくパワーでかなりの人数を殺します。
ここまで脳筋の科学者がいただろうか?と意味不明な強さでミステリー要素が吹き飛びました。

最終的にセシリアが倒すのですが中にいたのはなんと、エイドリアンの弟のトム。
おいおいトム!お前そんな男だったんか!
エイドリアンは自宅で監禁されていたようで被害者として扱われます。
しかしセシリアは、エイドリアンは罪をトムにかぶせた!そういう人間だと主張し、エイドリアンの自宅で自分が透明人間スーツを着て自殺に見せかけてED。

でも正直見てる側としてはエイドリアンの性格がそこまでわかってないので、お…おうとなってしまった結末でした。

なんかダークヒーロー映画みたいな終盤でした。

感想・考察

なんだこのパワー系透明人間は…。
意識外からの衝撃はダメージがやばいって聞いたことはありますがそれにしてもパワフルすぎる。
パワーパフガールズだわ。

エイドリアンの性格や異常さの描写が少なく、ひょっとして全部セシリアの妄想か?と思ってしまいましたがそれは果たしてミスリードを誘ったのか…。
にしては中途半端すぎるミステリーさだったので、どういうふうに楽しめばいいかわかりませんでした。
エイドリアンはまじで何でもやるやつだぜ!的な表現があればセシリアと同じ目線で恐怖を感じれたかも。

やっぱり透明人間になるならお着替えセクシーシーンが必須ですね。それがあれば星5でした!!

スポンサーリンク