ツッコミやすかったおすすめ映画

「ジュマンジ-ネクストレベル 」ツッコミレビュー・ゲームで自キャラを女にする男は言い訳せずにスケベですって言おう!

2020-04-025~7点,アクション2019

ジュマンジ-ネクストレベル

日本公開日: 2019年12月13日
監督: ジェイク・カスダン

すこ度(評価)

5/10

-帰ってきたジュマンジ!でも正直微妙-

スポンサーリンク

あらすじ

テレビゲームの世界に吸い込まれた高校生たちが、本来の姿とかけ離れたゲームキャラクターのアバターになって冒険を繰り広げる姿を描き、大ヒットを記録したアドベンチャー「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」の続編。「ジュマンジ」の冒険をクリアしてから2年。スペンサー、マーサ、フリッジ、ベサニーはそれぞれの進路を歩み、いまは大学生になっていた。しかし、あの時の興奮が忘れられないスペンサーは、破壊したはずのゲーム「ジュマンジ」をこっそり修理し、再びゲームの中に吸い込まれてしまう。スペンサーを救出するため、残った3人も「ジュマンジ」にログインするが、壊れたゲームの世界はバグだらけでキャラの入れ替え設定はめちゃくちゃ。さらに、スペンサーのおじいちゃん達も一緒に吸い込まれていた上に、ジャングルのみならず砂漠、氷山など新たなステージも追加されており……。主演のドウェイン・ジョンソンほか、ジャック・ブラック、カレン・ギラン、ニック・ジョナスらメインキャストも再結集。監督も引き続きジェイク・カスダンが務めた。

https://eiga.com/movie/91465/

ネタバレなしレビュー

衝撃的なリメイクでデビューしたジュマンジウェルカムトゥジャングルの続編です。
前回同様のノリの良さ、ゲームRPGに入り込んだ世界観をクリアする感覚が再び楽しめます。
といってもそれがいいかどうかはなんとも言えないところ。

正直前作からあまり代わり映えしない内容というかスケール的にもちょっとしょぼくなってないか?という展開が続くなあと、やや残念な映画でした。
そもそも導入からして命を賭けた危険なゲームという認識があったのに、主人公は普通に気持ちアゲる為というクッソ雑な理由で単身ゲームに乗り込むのです。
もう主人公がジュマンジジャンキーみたいになってて共感できませんでした。
仕事終わりにジュマンジ!という軽さでジュマ中になってそう。

物語も正直前回のように愚直にクリアするだけで新しいRPG的な要素もほぼなく、とりあえず新しいキャラ追加しました!という駄作のRPG続編みたいになってました。
しかも今回の主人公一行は一回クリア済という知識と自信をもっているせいか緊張感があまり感じられませんでした。

強くてニューゲームだと死に対する恐怖がないというか、いうてなんやかんやクリアするんでしょう?というはいはいワロスワロス状態になってしまってどうも熱くなれなかったです。
もちろん残基を減らしてスリリング!みたいな流れはありますが全体的に雑な死に方というか、とりあえず残基減らしときました!なぐらいの勢いなので「前回いろいろ経験しといて今ので死ぬの?」と言わざるをえませんでした。

何もしらない手探りの状態の冒険から今回はどのように進むのか期待してたものの結果的に前と同じ感じ。
ここまで酷評しましたが映像美自体は素晴らしく、キャラのやり取りのユーモアや、まるで本当に俳優陣がアバターかのように現実世界のキャラをコピーしている部分は前作を超えていたなと思ったのでこの点数にしました。

続編も示唆されているのでゲームの3作目は名作説を信じようと思います。

ネタバレありストーリー&ツッコミ

主要人物

多すぎるので現実世界のみのキャスト

キャストこんな人
スペンサー・ギルピン – アレックス・ウルフ 主人公・ジュマキチ
マーサ・カプリー – モーガン・ターナー 主人公の恋人・有能
アンソニー・“フリッジ”・ジョンソン – サーダリウス・ブレイン 肉体派黒人
ベサニー・ウォーカー – マディソン・アイズマン 底抜け明るい女枠
マイロ・ウォーカー – ダニー・グローヴァー ゆっくりしていってねおじさん
エディ・ギルピン – ダニー・デヴィートおこおこおじさん

大まかなストーリー

俺、ジュマンジ大好きマン!

ジュマンジ-ネクストレベル
https://www.youtube.com/watch?v=ZzPUtoWG5Ck

前作から数年経ち主人公一行は皆大学生!皆エンジョイしてるぜ!
でも俺スペンサーは彼女のマーサともあんまりうまくいってなくて
現実が楽しくないから、こっそり回収していたジュマンジで再び危険なゲームに飛び込むぜ!!!

のっけから良くわからない理由でジュマンジに飛び込むスペンサー
スペンサーを探しにスペンサーの実家にやってくるもののそこにいたのは、スペンサーの祖父とその相棒のマイロ。
二人は料理店やってたんですけど店閉めてから絶交してたみたいです。

ジュマンジ-ネクストレベル

ジュマンジにスペンサーが再び飛び込んだと知った仲間たちは皆で突入するもなんと、おじいちゃんたちも一緒に来てしまいてんやわんや。
しかも強キャラであるマッチョ博士がエディ、荷物もち黒人がマイロ担当という先が思いやられるキャラ割。
加えてフリッジは前回荷物もち黒人だったのに今度は地図男に!どうなることやら!!あとベサニーはなぜかゲームにはいれておらず色々勝手が違うようです。

な導入なんですがおじいちゃんずは喧嘩ばかりとはいえ普通にアバターを使いこなしていきます。
なんかそんな不安な雰囲気がしない
フリッジは老人にカバは危険だと注意を入れますが直後大蛇にたべられます。
前回の経験どこいった?こんな感じで割とどうでもいいミスで残基が減っていきます。

ナビゲーターのナイジェルと出会い今回の旅の目的を聞くと【宝石を奪われたからそれを取り返して太陽にかかげてジュマンジと言え】だそう。
今回の旅の目的は随分RPG中盤のイベント感があるというかちょっと…しょぼくない
イベント達成してもちょっとの間しか使えないアイテムしかもらえなさそう…。

スペンサーと合流

このあたりでジュマンジに入れなかったベサニーは前回のジュマンジでの長期滞在者だったアレックスに助けを請います。快諾するアレックス。

ジュマンジ-ネクストレベル

ジュマンジの中ではダチョウに追いかけられたりで死んだりします。
この世界のダチョウ強すぎない?しかし大型鳥類はヒクイドリしかり人間なんて余裕ですもんね。
まるでマッドマックスみたいな動きでダチョウを撒いた後は、奪われた宝石をもっている山賊が滞在している街へ行きます。

このあたりでマーサとフリッジがジュマンジの果実とやらをゲットするのですが、果実がある泉に入ると体が入れ替わっちゃった!結局は元にもどるものの中に入る人間で身体能力が変わるわけではないよう。
ここでタイトル回収しますが、ゲームで自キャラを女にする男は言い訳せずにスケベですって言おう
女キャラのほうが服が多いからとかそんな言い訳はよせやい!お前はスケベなんだ!
それがこの入れ替わりシーンをみて思ったことでした。

街を探索しているとミンという女盗賊にキャラが割り当てられたスペンサーがいたのでした。
スペンサーと合流した一行はなぜジュマンジに来たのかと質問、「現実が不安だからまたマッチョ博士になりきって自信をつけたかった」と舐め腐った理由を説明するスペンサー。

しかもマーサと不仲になったのはスペンサーの一方的な「なんかリア充してそうだから」という思い込み。
そんな理由でまた命をかけるとは…
前回の冒険でなにを学んだんだ君は?

と言いたくなる気持ちをぐっと堪えてじゃあしゃーないなと接してくれる天使な仲間たち。
なんかドラえもんの映画みてる気分になったよ…。
そして山賊から逃げようとしてるとエディがキャラの強さを過信して、俺なら倒せると豪語。
次の瞬間山賊からの大砲が直撃し全員死亡

マリオ並に残基を消費していく一行

次はラクダで移動中にエディとマイロが喧嘩し、マイロ死亡。
今回旅の命が軽すぎる。
制作陣のとりあえず残基1にして観客焦らそうぜ!がみえてしまいますな!

ジュマンジ-ネクストレベル

次に山賊の要塞に向かう途中の橋でマンドリルに襲われマーサ死亡。
あわや全滅、というところでアレックスとベサニーが!
なんとベサニーは黒い馬だった!まさか動物キャラだとは…。青たぬきもびっくり。

とにかく色んなとこで死んでるので皆残りライフ1です。
それなくなったら生きて帰れないのわかってんのか!

ここでエディとマイロが男同士の話をすることに。
マイロはなんと病気で残り寿命がすくないためエディの家を訪問した事が発覚し、エディはマイロと仲直り。
なんだか電通が絡んでそうな100日後に死ぬマイロですね。
いつの間にか主人公とマーサーもラブラブに戻ってます。

少し進むとジュマンジの実を手に入れた湖と同じ成分が流れてる川を発見したので、皆で入れ替わり。
前作メンバーは前作通りで、エディは女盗賊・マイロは黒い馬になりました。
マイロとエディは山賊にみつかり居城に連行。

そして伝説へ…結末

最終的に山賊の本拠地に乗り込んで宝石を取り返そうとします。
この時マイロを救うためにアレックスが罠のある床を渡ろうとするんですけど、2回死にます
しかも2回とも床の罠を踏んでという死にシーンの手の抜きっぷり。これはもはやクリボーにつっこむマリオと同義です。
とりあえず残基1にしたかったんだろうな…別に1にこだわらなくてもきにしないよ…。

山賊のボスと殴り合うスペンサーですが全く攻撃が効かない!と思いきやジュマンジの果実に弱いらしくマーサから受け継いだ果実をフン!ってしてボコします
フン!ってなんだ?って思うかもしれませんがマジで実際フン!って果実押し当てるだけなんですよね。
いやそこ食わせねーのかよと

ジュマンジ-ネクストレベル
https://www.youtube.com/watch?v=cjB6G3g0bco&list=PLZbXA4lyCtqqENrKrGP9gO2qDFCcaU9uT&index=10

ボスを倒し宝石をゲットするスペンサーですが飛行艇から落ちそう!
その時マイロがエディをのせ羽ばたく!
マイロのキャラの黒馬には凄いスキルがあり、ペガサス的に羽が生えて空を駆けるんです
そして宝石ゲットして太陽にかざしジュマンジと唱えゲームクリア!
さあ皆で帰ろうとしたけどマイロが「俺馬のままでいいし長生きできそうだからこの世界にいとくわ」というなんとも無茶苦茶な決断。

一同は惜しみつつ別れを告げる…
え!いいのそれで??
家族に恵まれたとか話してなかったっけ!!

まあいいか!!!!

というわけで帰ってきた主人公たち。
エディも自分たちの店の跡地に行き経営者のノラという女性にキメ顔をかまして惚れさせてハッピーエンド。(筋肉博士のキャラはキメ顔がスキルにあった)
と思いきや店の外でジュマンジ世界のダチョウの群れが走り抜けてエンド

感想・考察

ジュマンジ-ネクストレベル

考察

ありがちなパロディが詰まってました。
ジャングルの大蛇→アナコンダ
マンドリルに襲われるシーン→インディージョーンズ系のジャングルにおける橋。
金庫で宝石を盗むもうとするシーン→ミッション・インポッシブルの例のシーン。などなど

個人的にマイロが馬として生きるのを選んだのは正直意味がわからない。
もちろん病気で老い先短いしとかなんやらは分かるんですけどそれにしたってそんな未練あったの!?ってなりますよね。まあその名の通りダークホース的な結末でした。

でも僕、足に問題があるエディのほうが馬として生きるという理由付けになったと思うんだ…。

この二人の友情の対比として、主人公とマーサの恋の仲も一緒に戻ったよ!って2つの面での仲直りがテーマなのは割と楽しめました。
最終的にはマイロとは別の道を辿って、エディにパートナーができそうな感じなのがちょっとよくわからんけど…。

なにより驚いたのはEDでの初代ジュマンジのキャラ「ノラ」が登場したことですよね。
おじいちゃんズの店のあとに出来た店が初代キャラの店って言うのは、おじおば世代には嬉しいサプライズ。
しかも初代続きでジュマンジの世界がリアル世界にとびだしてきたパターンで締め!
間違いなく次回への布石としてぶっこまれてますよね。
次作ではおそらくマイロも再び馬として主人公達を助けにくるはず!楽しみ!

感想

最初にも書きましたが残基の減り方が雑すぎる気が…。命の重み5gぐらいしかないよこれ…。
危険に対しての油断でほとんど死んでいて本当に危機に立ち向かうために残基を使ってないので、どうしてもどこか余裕のある冒険にみえちゃう…。

スキルが新たに増えたといってもただストーリをすすめるだけのご都合主義的なもので、新要素といった感じが全くしないです。
せっかくRPGでやってるなら前作にはなかった成長要素とかスキル選択とかそういうゲーム的な進化が欲しかったですよね。

あくまで同じゲームの進行度が少し先の話程度のストーリーでした。
ただ続編はゲームが現実に入り込むという初代ジュマンジを再現する原点回帰なようなのでとても楽しみです。

スポンサーリンク

5~7点,アクション2019

Posted by muvikomi